– 第二の人生はのんびり田舎暮らし、地方移住の始め方 –
地方移住を決める前に知っておきたいこと

地方に行きたくなる瞬間を経験したことはあるだろうか。人が多すぎる、スーパーの食材が高くて美味しくない、空気が美味しくない、自然が少ない‥など理由は様々。都会を離れ、地方で暮らしたいと考える人は定年を迎えた方だけでなく、20~40代の若い世代も増加している。自然に囲まれ、自分で生活を作り上げていく環境に憧れつつも、自分にもできるか不安があるのが本音。地方移住リアルを知る。

地方移住のメリットとデメリット
地方移住のメリット
都会から地方へ移住するメリットはいくつかある。
■家賃が安い
まずは「家賃が安い」こと。東京の家賃の約3分の1の値段で東京よりも広い部屋に住むことが可能である。
■時の流れがゆっくり感じられる
次に「時の流れをゆっくり感じられる」こと。都会にいるとどこにでも人が溢れているが、地方はそんなことはない。高層ビルは無ければ電車の通勤ラッシュという概念すらない。
時がゆっくりと流れている。都会では味わえないのどかでゆったりとした生活を送ることがそこにはある。
■食べ物も空気も美味しい
「都会のスーパーで魚を買うと高いし美味しくない」と、海鮮が有名な地方出身者からよく耳にする。美味しくて新鮮な食材が現地ですぐ安く手に入ることはメリットだ。
また自然豊かな場所であれば、さぞ空気も最高に美味しく感じることだろう。美しく悠大な自然の中で仕事ができることは、都会にいるビジネスパーソンには味わえない「背徳感」なのかもしれない。
■気軽にレジャーが楽しめる
海の近くであればサーフィン、山の近くであれば山登りなど地理を活かしたレジャーへ気軽に足を運べることもメリットの1つ。

地方移住のデメリット
逆に都会から地方移住をすることでできなくなってしまうこともある。
たとえば公共機関が都会ほど整っていないため、移動には車が必須のケースが多い。ということは仕事終わりに気軽に飲みに行きづらい。本数の少ないタクシーを見つけるか家族に来るまで迎えに来てもらわなくてはならないからだ。物価や家賃が安い代わりに移動費にお金がかかることも挙げられる。また現地で仕事を探した場合、給料が都会に比べて安い。その分物価が安いのですが、上記の通り移動費を考慮すると中々厳しいところがあるかもしれない。その他デメリットとして挙げられることは、
・都会に実家がある人は気軽に親元へ帰れなくなる。
・独身の場合、出会いの数が減る。
・病院や薬局の数が少ない。・・・

情報源: 地方移住を決める前に知っておきたいこと | editeur エディトゥール