住み慣れた自宅で高齢者が転倒するなどしてケガをする事故が後を絶たない。事故によるケガがきっかけで介護が必要になる場合があるだけでなく、重いと命にかかわることもある。安全のためにバリアフリー化などの改装もできればよいが、身の回りのちょっとした工夫でも、こうした家庭内の事故を予防する効果が期待できる。
「リビングに敷いていたカーペットにつまずいて転倒、手首を骨折した」「クッションを踏み、バランスを崩…

情報源: (ライフサポート)シニアの住まい、改装の前に… ひと工夫で転びにくく 敷物は全面に 階段を明るく:日本経済新聞