新潟県見附市の「健幸ポイント」事業が開始から5年目に入った。自転車こぎや散歩といった健康づくりに取り組む市民に商品券と交換できるポイントを贈る。当初3年は国の委託事業として、2017年度からは市独自の健康活動として運営している。人口4万1千人の同市で1200人が参加する有力事業だが、メンバーは60~70代が中心で、ミドル層の新規加入をいかに増やすかが課題だ。
街の中心部に建つ市民交流センター「ネ…

情報源: 新潟県見附市 「健幸ポイント」で市民元気に:日本経済新聞