投資信託で数カ月から半年に1度、分配金を支払う商品が人気だ。三菱アセット・ブレインズ(東京・港)によると年に2回、4回、6回の分配金を出す投信の残高は3月末で合計18兆円と過去最高。公募投信(上場投資信託を除く)の2割強を占める。分配金を毎月払う投信は効率的な運用に不向きと問題視されたが、定期的な現金収入への高齢者の需要が根強い。
投信は元本と運用益の合計の一部から投資家に分配金を払う。分配金を…

情報源: 投信「年に数回分配」人気 定期収入ニーズ根強く:日本経済新聞