VR(仮想現実)の技術を使い、外出が難しいお年寄りに、思い出の地や観光地を巡る「仮想旅行」を体験してもらう活動が始まっている。横浜市の元介護職員、登嶋健太さん(31)が撮りためてきた各地の映像に加え、今夏からは全国の元気な高齢者にカメラマンをお願いし、より多くの映像を集める。
「海がすごく透き…

情報源: VR旅行、お年寄りの窓に 「思い出の場所に行きたい」実現 横浜の元介護職員が活動:朝日新聞デジタル