これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 日付別アーカイブ: 2018年6月9日

健康長寿のためのスポートロジー 第9回「運動と運動器疾患(1)-運動と骨粗鬆症-」

運動を行う際の身体活動を司る骨・軟骨・筋肉などの運動器そのものの機能維持にも「力学的負荷」が重要である。さらに、長寿化に伴い増加する高齢者の骨折そして寝たきりの原因となる骨粗鬆症患者は800万人程度と推定されるが、その予 …

人生の楽園「アルプス望む蔵のカフェ~長野・飯島町」

中央アルプスと南アルプスの雄大な景色を望む長野県飯島町で、築140年の蔵を改装し、カフェを始めた鈴木直人さん(63歳)と妻のむつ子さん(62歳)が主人公です。 名古屋市出身の直人さんは大学院で農学を学んだ後、総合化学メー …

あしたも晴れ!人生レシピ「よみがえれ!ストレッチでしなやかな体」

年齢とともに関節の動きや筋肉が硬くなると体のバランスが崩れ、腰痛や肩こりなど不調の原因になる。そこで注目されているのが、筋肉を伸ばして柔らかくするストレッチ。整形外科医でスポーツドクターの中村格子さんが、無理をしなくても …

「終わった人」 透けて見えた、男のロマン

定年が人生の終わりであるはずはないが、超高齢社会に突入して、より今日的な問題になっているのだろう。内館牧子の原作はシニア世代の共感を呼んでベストセラーになった。 田代壮介(舘ひろし)は63歳。大手銀行の出世コースから外れ …

現役最高齢?活動弁士、井上陽一さんが9日にライブ

無声映画を上映しながら、せりふ交じりのナレーションを口演する活動弁士は、もはや、ひと握りの数しかいない。その現役最高齢とみられるのが、関西の長老、井上陽一さん(79)だ。昨年末から人工透析で命をつなぐ身になったが、声は往 …

バス停移動 あら、降りやすい

◇岡山後楽園前 県と岡山市、バリアフリー化へ ◇渋滞解消や乗降時危険防止 県と岡山市は、岡山後楽園前のバス停を南に約20メートル移動し、バリアフリー化すると発表した。現在のバス停は片側1車線の下りカーブにあるため渋滞の要 …

ひとり暮らし 高齢女性はゆるくつながる

一人で暮らす高齢者は年々増え、その7割近くを女性が占めているという。自由を味わう一方、災害や急病など、いざという時の不安もある生活。高齢化が進む築42年のマンションで、女性らが「ゆる~いつながり」を保ちながら暮らしている …

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.