株式会社シニアコム株式会社シニアコム(本社:東京都千代田区)は、2018年3月8日(木)~3月13日(火)の6日間に、50歳以上の男女(シニアコムMASTER会員)を対象に「高齢者の自動車運転」に関するアンケートと題した調査を実施いたしました。

調査結果詳細

■調査結果サマリー
・普通自動車運転免許証(以下、運転免許証)を所有する人は8割弱。
・運転免許証の返納を考えている人は36.6%、返納をするつもりがない人は33.4%。
・運転免許証返納を考えている時期の割合は「75歳以上85歳未満」が全体の6割。
・運転免許証の返納を考えた理由。
・運転免許証を返納しない理由。
・「自動運転車」を利用したいと思う割合は37.4%、利用したくないと思う割合は30.6%。
・「自動運転車」の普及に対して期待していること。

■調査結果
(1)運転免許証を所有している割合は77.1%
50歳以上の男女(シニアコムMASTER会員)に普通自動車の運転免許証をもっているかと聞いたところ、「はい」と答えた割合は全体の77.1%、「いいえ」と答えた割合は22.9%となりました。また、運転免許証を保有する年代で最も多いのは、50代男女。80代女性は運転免許証を保有していませんでした。・・・

情報源: <「高齢者の自動車運転」に関するアンケート調査>シニアの運転免許証保有率は77.1%、「自動運転車」を利用したい方は37.4%|株式会社シニアコムのプレスリリース