この度、株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン(取締役社長:干場 弓子、本社:東京都千代田区)より『図解 50歳からの人生が楽しくなる生き方』が発売いたします。

幕末に日本地図を完成させた伊能忠敬は、49歳で家業を子に譲ったのち江戸にて天文学を学び、55歳から徒歩による測量を開始し74歳で亡くなりました。
現代の平均寿命を考えれば、50歳の人には、まだ30年余りの時間があります。加えてこの年代は、まわりを取り巻く環境が大きく変わる年代でもあります。例えば、子育ての完了、親の介護の発生、定年退職へのカウントダウンなど、大きな変化が待ち構えています。その意味では、この年代は第2の人生のスタート地点と言えます。そして、この時期をどう過ごすかによって、これからの人生の質に大きな影響が出てくるのです。
本書の著者は、医学部の教授というキャリアに疑問を持ち早期退職。その後、試行錯誤の日々を通して、自分の人生を見つめ直した実体験をもとに、多くの著作でシニア世代を応援し続けてきました。本書は、今までの作品の集大成として、図解入りのベスト版となっています。
では、人生が楽しくなる心得の一部をご紹介しましょう。

「定年後はのんびり過ごしたい」という落とし穴
定年後の自分をイメージするとき「とにかく、のんびり過ごしたい」と漠然と思っている人がいます。おそらく、その理由は、いま現在は、仕事などやるべきことがたくさんあるからだと思います。しかし現実は、やるべきことが無くなる日常が始まると、のんびり暮らすことは、意外とつまらないものに感じてしまうのです。
そうなると、早目に、やりたいことをあらかじめ決めておくことが大切になってきます。もし、なかなか決まらないようでしたら、とりあえず定年後にやりたいことを紙に書き出し、次に、それらについての情報を集めてみることをおすすめします。この作業を続けているうちに、本当にやりたいことが見つかるはずです。

マスコミの情報に振り回されてはいけない
定年後の生活について、マスコミの情報に踊らされてしまい、不安を感じることがよくあります。そのような場合は、まず自分で資金計画を立ててみることをおすすめします。そして、それを毎年定期的に確認することで、多くの不安は解消されるはずです。
また、資産を無理に増やそうとしないことも重要です。よくある安易な儲け話は、トラブルの元になると考えるべきで、投資をするなら無理がなく、ストレスにならない範囲で行うのが良い方法です。
・・・

本書の項目
第1章 50歳からの人生が楽しくなる生き方
第2章 いつまでも若々しい人がしている趣味と学び
第3章 心がラクになる人間関係の作り方
第4章 50歳から始めるシンプルな暮らし方
第5章 心身を健康に保つ方法
・・・

情報源: 50歳になったら、これからの人生をどう楽しむか考えてみよう|株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワンのプレスリリース