介護などを必要とせず自立した生活を過ごせる「健康寿命」をいかに延ばすかが課題になっている。運動生理・生化学が専門の樋口満・早稲田大学教授は、そのためには「筋肉」に注目すべきだと強調する。筋肉には運動機能の衰えを防ぐだけでなく、生活習慣病を予防する物質を分泌するなど、あまり知られていない役割があるという。
筋肉の多くを占める骨格筋は体を動かすためだけでなく、生活習慣病を予防したり脳の認知機能を改・・・

情報源: 長い健康寿命筋肉に注目: 日本経済新聞