熱中症は、暑さによって体内の熱を発散できなくなって起こる体調不良。屋外での熱中症は、健康な人がスポーツや作業をしているとき、短時間で発症することが多い。一方、室内での熱中症は高齢者に多く、発見が遅れて重症化することもある。しかし熱中症は、暑さを避け十分な水分補給をするなどの適切な対策で、ほぼ100%予防できる。予防のポイントとともに、熱中症になってしまった場合の応急処置の方法を分かりやすく伝える。

7月12日(木) 20:30~20:45 (15分) NHKEテレ

番組情報:きょうの健康 夏満喫!アウトドア健康管理術「熱中症」