マイケルさんとデビーさんのキャンベル夫妻は「The Senior Nomads(シニアノマド)」というネーミングで、アメリカではちょっと知られた存在。仕事を引退後、ありきたりなリタイア生活ではなく、世界を旅するという冒険的なライフスタイルを選択した勇気あるカップルです。
旅のスタイルも悠々自適に高級リゾートを巡って、なんていうのとはワケが違います。自宅を売り払い、旅先ではAirbnbをフル活用。そんなノマドな二人が来日!
想像通り。とっても素敵な方々でしたよ。

「じつはこのライフスタイルは、戦略的に実現したものなんだよ」
──失礼ながらお二人は72歳と62歳。それで世界を回っているなんて!素直に尊敬します。
デビー:はじめから、こうしようと思っていたわけじゃないの。5年前に仕事を引退しようと思った時は、その後に何をするかまでは決めてなかったのよ。
マイケル:でも、彼女は「もう1つくらい冒険ができるわよ」と僕に言い続けるんだよ。とりあえず、僕らはやりたいことと行きたい国をリストアップして、2人で具体的に考えてみることにした。そんな時にフランスに住んでいる娘がシアトルに帰ってきて、僕たちのリストを見ながら、Airbnbについて教えてくれたんだ。
デビー:「これを駆使すれば冒険できる!」って直感的に思ったわ。それから、自分で調べてみて、ますます興味が湧いてきたの。

──Airbnbっていうのが、ひとつのきっかけだったんですね。
マイケル:好奇心があったんだよ。僕たちは「Lifelong-learner(生涯学習者)」なんだ!お互いにビジネスをやっていた経験があるから、戦略的に今のライフスタイルを実現させる方法を考えることもできたしね。
デビー:実は「シニアノマド」というネーミングも、旅に出る前に自分たちでつけたものなの。もともと私はマーケティングをやっていたから、こういうことを考えるクセがあって。グラフィックデザインの知識をいかしてホームページを作って、そこから自分たちの体験を発信することにしたの。まあ、正直に言えば「誰がこんなものを見たり読んだりするんだろう?」と思っていたけど(笑)。

──結果的に、そのホームページを通じて、多くの人にお二人の冒険は知られることになったわけですね。
デビー:私たちはどんどんチャレンジをするタイプのカップルなの。多少の不安があっても、・・・

情報源: 家を売り払って、Airbnbで暮らす「シニアノマド」。来日突撃インタビュー | TABI LABO