川崎市⿇⽣区の⽥園調布学園⼤⼤学院で福祉について学んでいる⻄村颯⾹さん(76)=宮前区平=が29⽇、中原区宮内の市⽴宮内⼩学校で授業を⾏った。シニアが福祉を深く学んで、学習の成果を地域に役⽴てることの⼤切さを⼦どもたちに伝えた。
⾃宅でお年寄りを招いたミニデイサービスを⾏うなどボランティアを⻑く続けてきた⻄村さんは昨年4⽉、福祉の専⾨的な知識を得るため同⼤⼤学院⼈間学研究科の修⼠課程に⼊学。現在は2年⽣で、地域活動を続けながら学ぶ⻑期履修制度を利⽤して3年間で修⼠号取得を⽬指している。
この⽇は、4年⽣の⼦どもたち約140⼈を前に、交通事故に遭った夫の介護を続け、最期をみとった経験から福祉全般に関⼼を持ったことを紹介。「介護で多くの⼈に助けられた。今度は助ける⽴場になって⼈の役に⽴ちたい」と、⼤学院で学びを再開したきっかけを語った。
「研究テーマは、⾼齢者と⼦どもが⽇常的に触れ合うことで双⽅にどんな良いことがあり、笑顔になれるか。論⽂を書いて地域福祉に⽣かしたい」と⻄村さん。⼦どもたちは「介護で⼀番つらかったことは」「⼤学院の印象は」などと質問していた。

情報源:76歳、⼤学院で福祉学ぶ 川崎の⼩学校で経験伝え|神奈川新聞