日本から欧州への玄関口に当たる北国、フィンランド。首都ヘルシンキで毎年夏の終わり、大規模な野外ロックフェスティバルが開かれている実態は日本でほとんど知られていない。「Flow(フロー=流れ込む)フェスティバル・ヘルシンキ」。2004年に始まった。世界一流のアーティストと地元の新鋭が同時に多数のライブを行い、毎年8万人以上が訪れる。森と湖、ムーミンとシベリウス……。フィンランドに対するステレオタイプのイメージ一新を迫る、とんがった「お祭り」だ。
 ◇   ◇   ◇
フロー・フェスティバル・ヘルシンキ2018は8月10~12日の3日間、ヘルシンキのスヴィラハティ地区で開かれた。同地区は東京の天王洲アイル、横浜の本牧などに似た往年の工場&倉庫地帯。高層住宅の建設も進むなか、かつて発電所だった一帯に10のステージ、65の飲食&バー・コーナーなどを仮設でしつらえ、144の音楽公演、18のアートプロジェクトを盛り込んだ。ライブは正午過ぎから深夜0時台まで続き、市営の地下鉄やバスが終車を延長して対応する。
チケットは3日通し券が215ユーロ(1ユーロは130円弱)、2日券が159ユーロ、1日券が99ユーロで、すべて売り切れ。過剰な混雑によるトラブルを避けるため、1日当たりの入場者数をきっちり2万8千人にコントロール、3日間合計で8万4千人が入場した計算になる。アルコール類を販売するので18歳未満は入場禁止だが、最終日の日曜(12日)は午前10時から午後5時までを家族タイムとし、子ども連れの入場を促す。宮崎駿監督のアニメ映画「となりのトトロ」のフィンランド語吹き替え版上映まで、盛り込まれていた。

■20代から80代まで、世界のアーティストが集結
語りかけるように魅了したパティ・スミス(Flow Festival/Kondrukhov Konstantin) 目玉のライブステージはとにかく、アーティストの顔ぶれがすごい。ただ有名どころを並べるのではない。女性ボーカルなら71歳の大御所で作家の村上春樹と親しく、詩人の貫禄も漂わせるパティ・スミスから新進気鋭のアフリカ系シンガーのノーネーム、ジョージャ・スミス、ノルウェー出身で世界に羽ばたいたジークリッド、輝きの絶頂にあるセイント・ヴィンセントまでを広く並べ(=横糸)、歴史の座標軸(=縦糸)も打ち出す。それぞれシンガーソングライター、ダンサー、アーティストなど多くの引き出しをそなえ、存在感や歌のうまさを競い合う。観客はたて続けに体験することで、ジャンル全体の豊穣(ほうじょう)を理解する仕掛けだ。・・・

情報源: すごいぞフィンランド 夏の終わりに巨大ロックフェス|エンタメ!|NIKKEI STYLE