第26回県高齢者大集会は2日、福島市で開かれ、人生100年を目指して元気でたくましく生き抜くことなどを誓う集会アピールを採択した。
県老人クラブ連合会などでつくる実行委員会の主催で、約560人が出席した。
大倉冬樹実行委員長があいさつし、持続可能な社会保障制度などについての県、国に対する要求項目を確認した。
NPO法人高齢社会をよくする女性の会理事長で東京家政大名誉教授の評論家樋口恵子さんが「人生100年を生きるための覚悟と方策」と題して記念講演した。

情報源: 元気に人生100年目指す 福島で県高齢者大集会、樋口恵子さん講演:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet