早くもお節商戦が始まりました。今年は人生100年時代を意識した高齢者に配慮したお節がトレンドです。
高齢者向けに軟らかい素材でできているお節はニーズが高まっていて、今年は去年の2倍の販売数を準備しているということです。高島屋ではお節の売り上げが2000年以降、右肩上がりで増えていて、自宅で作るより購入する層が広がっているということです。また、松屋銀座も「食塩不使用おせち」を発表したほか、“平成最後のお正月”をテーマに和洋中すべてをそろえた16万円の「バブルおせち」も登場しました。

情報源:平成最後の“おせち商戦” トレンドは高齢者向け|テレ朝ニュース