欧州最大の家電見本市「IFA」で家庭向けの愛玩ロボットが次々登場している。カメラや人工知能(AI)などを搭載。人の指示を受けて音楽を流したり家電を操作したりするほか、自ら踊るロボットもある。いわば「動くAIスピーカー」だ。家庭のデータを集める機器として主導的な地位を築き、新サービスの開発につなげる。
家のどこでも君のそばにいるよ――。米スタートアップのテミ(ニューヨーク州)は…

情報源: アイボのライバル続々 欧州見本市、顔覚え寄り添う/芝刈り機を操作:日本経済新聞