これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 日付別アーカイブ: 2018年9月6日

シニアは着物で背筋ピン 粋なお金の使い方で人生豊か

人間は老いると若い頃より記憶力や判断力は衰えますし、体力もなくなってきます。肌もツヤやハリがなくなってくるし、しわも増えてきます。年を取るということは華やかさがなくなるということです。加齢は仕方のないことで、以前のコラム …

高齢者に優しいIT機器って? 難しい操作、意外に多く

米国で生活する筆者の私事となるが、日本で一人暮らしをしている高齢の母がいる。いつも痛感するのは、親が高齢かつテクノロジー音痴の場合、相手の様子を知ったり、コミュニケーションに使えたりする手軽なテクノロジーは意外と少ないこ …

ハイテク玩具、ここまで進化 空飛ぶボールやペットロボ

玩具の代表的な展示会の一つ「クリスマスおもちゃ見本市2018」が5日から東京・台東で始まった。今年の目玉はハイテク玩具だ。ドローン(小型無人機)技術を応用した空飛ぶボールや、ペットのように遊べる動物型のロボットが出品され …

70歳雇用 企業に負担重く 高齢者の意欲どう確保

希望する高齢者は70歳まで働けるように政府が環境整備に乗り出す背景には、15~64歳の生産年齢人口の減少を補いつつ、経済と社会保障の担い手を増やしたいという狙いがある。企業にとっては人手不足解消の一助となるが、既存の人事 …

70歳雇用、努力目標に 多様な働き方へ政府検討

政府は高齢者が希望すれば原則70歳まで働けるよう環境整備を始める。現在は原則65歳まで働けるよう企業に義務付けており、年齢引き上げの検討に入る。2019年度から高齢者の採用に積極的な企業を支援する。その上で来年以降に高年 …

イデコ100万人時代(中) 公的年金頼みに不安 持続性・税制…国際評価低く

「100年安心」をうたう日本の公的年金制度。厚生労働省の調査によれば、65歳以上の高齢者世帯の収入の66%を公的年金が占めている。米国では4割弱とされ、日本の高齢者の依存度は高い。まさに老後の生活を支える柱だ。 米国では …

高年齢者雇用安定法 年金の空白期間解消措置

▽…希望する人全員を65歳まで雇用するよう企業に義務付ける法律。正式名称は「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」。2013年施行の改正法は、企業に対し(1)定年引き上げ(2)定年を迎えた高齢者を改めて嘱託や契約社員とし …

シニア向けWEBマガジン「爺ちゃん婆ちゃん.com」が2周年!

定年退職前後のシニア世代へ向けたWEBマガジン「爺ちゃん婆ちゃん.com」(http://jiichanbaachan.com/)が、9月23日(日)に2周年を迎えます。6つのカテゴリーに分けられた、さまざまな記事に加え …

埼玉県内のシルバー人材センターの愛称が「シニアパワーステーション」に決まりました

シルバー人材センターのイメージアップの一環として、6月1日から7月16日にかけて県内シルバー人材センターの愛称を募集しました。全国40都道府県、9歳から91歳までの幅広い年齢層の方から2,305件の応募がありました。 愛 …

ひとりで買い物に行くシニア女性は7割超。「週4~5日以上」が約半数。 日々の買い物は心と体を元気にする原動力 〜花王 生活者研究センターがくらしの研究サイトにて発表〜

後期高齢者(75歳以上)人口が増加するなか、「地方の人口減少」「都市部のスーパーの大型化、郊外化」に伴う小規模食料品店の撤退などにより食料品アクセス困難者(買い物弱者)は全国で約825万人(2015年、農林水産省推計)。 …

1 2 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.