これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 日付別アーカイブ: 2018年9月7日

「高齢者活用した社会システムを」 寺島さん前橋で講演

群馬県社会保険労務士会(富岡政明会長)は5日、社会保険労務士制度創設50周年記念講演会を前橋市のベイシア文化ホールで開いた。日本総合研究所の寺島実郎会長が「世界の構造転換の中での日本経済」と題して講演。高齢者を活用した社 …

電車の中で鍛える?休む?

電車で運よく席が空いていると、ほっとする。とにもかくにも書類かばんを降ろすことができる。太ももの上に乗せて、ストラップを肩からはずし、ふうとひと息。 雑誌やネットの「ながらビューティー講座」といった記事では、電車の中での …

子ども服コーデをアプリで提案…ファミリア

子供服メーカーのファミリア(神戸市)は4日、天候に合わせ、おすすめの子どもの服装を提案するアプリの配信を始めた。自社のインターネット通販サイトと連動させ、子供服の販売拡大を図る。 アプリはあらかじめ登録した子どもの生年月 …

リタイアしたら「ゆる投資」 アパート経営を工夫 株に投資し経済勉強 同好の士との交流も魅力

定年後の時間のゆとりを生かし、株式投資やアパート経営を趣味とするシニアが増えている。もし失敗しても笑ってすませるくらいの少額の「ゆる投資」が楽しむコツ。生の経済に触れることで知的好奇心が刺激され、同好の士との交流も魅力の …

老後資金とは切り分けて

定年後のシニアにとって趣味の投資はどんな効用があるのか。ファイナンシャルプランナーの森本幸人氏=写真=に聞いた。 「シニアにとって株式や不動産への投資は頭脳を働かせて現実の経済社会と接点を持てるという点で意義がある。投資 …

人生100年、あらゆる手で資産寿命延ばせ

「人生100年時代」。政府に言われるまでもなく、国民の間ではさらなる高齢化社会を前提に、もし自分が長生きした場合のお金の問題に対する危機感が強まっている。このほど「定年後のお金 寿命までに資産切れにならない方法」(講談社 …

日々積み重ね2人が1億歩達成 三木市の健康推進事業

日々積み重ね2人が1億歩達成 三木市の健康推進事業 印刷1億歩を達成した田中義紘さん(左)と瀬戸正昭さん=三木市大塚1拡大1億歩を達成した田中義紘さん(左)と瀬戸正昭さん=三木市大塚1 兵庫県三木市が2005年度から徒歩 …

ネット処方薬、購入条件は「自宅から薬局まで16キロ」

医師の診察を受け、高血圧などを治療する医療用医薬品(処方薬)を自宅からインターネットで購入できるようにする規制緩和が愛知県など国内3地域で始まった。服用の注意点を薬剤師からテレビ電話で聞き、配送で薬を受け取る。しかし利用 …

飯塚の100歳祝い市長らが訪問

敬老の日(17日)を前に、飯塚市の片峯誠市長と梶原善充副市長は今年度中に100歳になる高齢者を訪ね、記念品を贈って長寿を祝った。 市によると、今年度中に100歳を迎えるのは54人(3日現在)で、片峯市長は3日、同市上三緒 …

伊賀市最高齢者の西澤さん108歳 市長「唯一の明治生まれ」と祝う

9月17日の「敬老の日」を前に、伊賀市最高齢で同市出後の西澤正江さん(108)を祝うため、岡本栄市長が5日、入所する特別養護老人ホーム第二梨ノ木園(同市朝屋)を訪れ、花束や認定証などを贈った。【花束を手に笑顔の西澤さん( …

1 2 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.