定年後の時間のゆとりを生かし、株式投資やアパート経営を趣味とするシニアが増えている。もし失敗しても笑ってすませるくらいの少額の「ゆる投資」が楽しむコツ。生の経済に触れることで知的好奇心が刺激され、同好の士との交流も魅力のようだ。ゆる投資家たちはそれぞれ、自分の身の丈にあったスタイルを見つけている。
東京都練馬区の加藤隆さん(67)は、高齢の母親から経営をまかされた古い木造アパートで「いろいろ工夫…

情報源: (セカンドステージ)リタイアしたら「ゆる投資」 アパート経営を工夫 株に投資し経済勉強 同好の士との交流も魅力 :日本経済新聞