敬老の日(17日)を前に、飯塚市の片峯誠市長と梶原善充副市長は今年度中に100歳になる高齢者を訪ね、記念品を贈って長寿を祝った。
市によると、今年度中に100歳を迎えるのは54人(3日現在)で、片峯市長は3日、同市上三緒の松岡ミサヲさん宅を訪問した。1919年3月8日生まれの松岡さんは、筑豊地域で30年近くにわたって助産師として多くの赤ちゃんを取り上げてきた。
片峯市長が「長年にわたって社会に貢献されてきた。これからも長生きしてください」と声をかけ、祝い状と記念品のお茶、祝い金3万円を手渡した。
「3食しっかり食べることが健康の秘訣」と明かした松岡さん。「子どもたちに親孝行してもらい、幸せな人生を送っている。これからも健康に気をつけて過ごしたい」と話した。

情報源: 飯塚の100歳祝い市長らが訪問 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)