琵琶湖の南西部に広がる滋賀県大津市が舞台。家族に支えられながら憧れの珈琲店を開いた浦谷裕隆さん(66歳)と妻の幸江さん(61歳)が主人公です。
京都府出身の裕隆さんは高校卒業後、働きながら大学の夜間部に通い、教員の道へ。30歳の時に幸江さんと結婚し、2人の息子が生まれました。50代になり、定年が近づくにつれ退職後の生活について考えるようになりました。
転機になったのは、あるテレビドラマを見始めたこと。舞台となっている、ゆったりとした時間が流れる喫茶店に心を奪われ、いつしか自分もそんな店を開きたいと思うようになりました。妻の幸江さんも裕隆さんの熱意に賛同し、一緒に喫茶店巡りを始めます。そこで理想の店のイメージを固めた裕隆さん。幸江さんの実家で使っていた納屋の改築をスタートし、2014年1月、お客さんが自分で豆を挽いてコーヒーを楽しめる『ふくろう珈琲店』をオープンしました。
『ふくろう珈琲店』ではお客さんが自分で豆を挽き、サイフォンでコーヒーを淹れます。店内には豆を挽く音が響き、挽きたての香りが広がります。手間はかかりますが、そのひと時も大切な時間だと裕隆さんは話します。
ゆったりとした気分を味わえる『ふくろう珈琲店』ですが、最近では口コミでやってくるお客さんが増えました。店が忙しい時には、幸江さんや次男の源二郎さん(28歳)も手伝いに駆けつけてくれます。「ひたすら夢を追いかける人間になってしまった」と笑う裕隆さん。ともに夢を追い、支えてくれる頼もしい家族の存在に日々感謝しています。
憧れの喫茶店を開いた浦谷裕隆さんと、側で支える幸江さん。応援してくれている家族と、訪れる客とのふれあいや地域の人たちとの交流を紹介します。

9月8日(土) 18:00~18:30 (30分) テレビ朝日系

番組情報:人生の楽園「滋賀・大津市 ~ 時を楽しむ 手挽き珈琲店 ~」