定年後は悠々自適に--。そんなイメージが激変しつつある。平均寿命が延び、人手不足が深刻化する中、高齢者は働き手として注目され、定年を延長する企業も出てきた。人事院も国家公務員の定年を65歳へ引き上げるよう提言している。だが、総人件費の増加など課題もある。「人生100年時代」の働き方は、どうあるべきなのか。・・・

情報源: 論点:高齢者の働き方 – 毎日新聞