今年の敬老の日は、父母や祖父母に何を贈ろう?「いつまでも元気で」との願いを込めて散歩の相“棒”はどうだろう。シニアの「杖(つえ)デビュー」向けの逸品を専門家が選んだ。

■身長の半分+ヒール高が目安
繁華街で晴れの日に傘を突いて歩くシニア男性を見かける。恐る恐るある男性(73)に「杖代わりですか」と尋ねると「杖はちょっと恥ずかしいから」と苦笑いで答えてくれた。杖を「老いの象徴」と考える人は多い。ただ先端が細い傘は歩行の補助用具ではないため体重を支えることはできない。
適正なステッキの長さは、自身の身長の半分に靴のヒール高を足した数字。身長170センチの人がヒール高2~3センチの靴を履いた場合、ステッキの長さを87~88センチに調節すればいい計算だ。また、杖の階段やエレベーターでの使用は控えたい。「前後の通行人と杖が接触すると転倒のリスクがある。階段はバリアフリー化も進み、手すりがあるので杖は不要」と専門家の田中康之さんは話す。
歴史上、杖は権威の象徴であり王なども用いた。明治時代には欧米からステッキが紳士のアクセサリーとして広がった。もともとは男女兼用だったが、柄や色、グリップの大きさなど種類も増えた。街歩きの健康用器具として利用したい。

1位 愛杖 楽スマ 660ポイント
高さ調節しやすく軽量(ケイ・ホスピア)
介護・福祉用具の老舗メーカー、ケイ・ホスピアが2017年9月、同社の杖ブランド「愛杖(あいじょう)」シリーズから伸縮タイプの新商品として発売した。専門家から「転ばぬ先の杖」として評価を集めたのが、杖の高さを調節するボタン。「一般的にボタンは小さな丸い形状だが、この商品は大きめの長方形。ボタンを押す指の腹にフィットしてとても押しやすく、簡単に片手でスライドさせられて調節が楽」(面城知幸さん)。支柱の素材をアルミ合金にし240グラムと軽量にしたのも支持された。
楽スマは黒、茶色、ネイビーなど5色そろえる。いずれも単色で「シンプルなデザインだけに男女とも使用しやすい」(案西淳さん)、「デザインがすっきりしている。これならそろそろ足元がおぼつかなくなり杖を考え始めた男性でも使いやすい」(田中康之さん)。細身の形状と杖のグリップらしからぬスポーティーな見た目もシニアを外にいざなうだろう。身長146~170センチの人に対応する。介護ショップから病院の売店、百貨店で取り扱う。
(1)76~88センチ(2)7452円(3)http://www.hospia.co.jp/

2位 伸縮ジョイントレザーステッキ 570ポイント
レザー張りで気品高く(島製作所)
重厚で高級感が漂う。アルミニウムの支柱に再生皮革をコーティングしたこの商品は一般の杖と一線を画すレザー張りだ。「杖には花柄やカラフルな物が多いが、これなら男性も持ちやすい。細身だが曲げたりねじったりなどの力に対してゆがまない剛性も備えており、安定・安心感もある」(伊藤勝規さん)。「デザインに気品がありファッションアイテムとして面白い。シニアだけでなく若者にも訴求力がありそう」(木下修さん)という声も上がった。
もちろん女性も使える。色は茶と黒だが「いずれも控えめな色だけに、外出時に杖を使って散歩しながら、さりげなくおしゃれを楽しみたい人に試してほしい」(吉岡明日香さん)。機能性も評価が高かった。樹脂製のグリップは握りやすく、手にかかる圧力を吸収し手のひらの痛みを軽減する。高さ調節も13段階ときめ細かい。グリップ下にぶら下がるストラップは着脱式で、扉などに杖が挟まったり、とっさのトラブルで転びそうになったりした時もストラップが外れて転倒を防ぐ。
(1)66~96.5センチ(2)1万260円(3)http://www.shima-seisakusyo.com/

3位 光る杖 ライトケイン 折りたたみ 540ポイント
夜道も安全 暗闇を感知(フランスベッド)
商品名の通り、支柱の先端に付いたゴムが光り夜道でも安心して歩けるようにした。支柱の先に付いているゴムに暗闇を感知するセンサーを内蔵。暗い場所で杖を突いたり震動を与えたりすると発光ダイオード(LED)が点滅する。本人の安全だけでなく車のドライバーにも注意喚起になる。暗闇での使用を1日1時間と想定するとLEDの寿命は1年ほど。替えのゴムも販売している。「外出時のみ使いたいという人にはこの1本。折り畳み式なのに組み立てやすいのもうれしい」(小澤希望さん)。
花柄のデザインは女性向け。「敬老の日に行動的な母、祖母へのプレゼントとして最適」(伊藤さん)。このシリーズは全11商品で男性向けもある。安定性にもこだわる。「折り畳みタイプではやや大きめのゴム(内径15ミリ)で、平面のゴムがしっかりと接地し使用者を支える」(案西さん)
(1)73~83センチ、収納時は28センチ(2)1万5120円~2万2680円(写真は1万5120円の商品)(3)https://www.francebed.co.jp/

4位 女性向けプルストップ細身伸縮3つ折り 480ポイント
劣化しにくく操作簡単(キザキ)
一般のゴム式の折り畳みと異なり、折り畳んだ時に手を離しても特殊構造のバネが折れた状態を維持する。ゴム式よりも劣化しにくいので長く使えるのが売りだ。「折り畳んだ時にロックがかかり扱いやすい。初めて使う人でも簡単に操作できる」(松本美樹子さん)、「畳んで収納するタイプの商品としては軽量(245グラム)で持ち運びが楽」(渡邉愼一さん)などと簡便性が評価された。女性用はグリップが小ぶりで、手で握る部分は柔らかい樹脂で覆い滑りにくくした。パープル、ゴールド、ワインレッドの3色がある。
(1)71~83センチ、収納時は31センチ(2)オープン価格(3)http://www.kizaki-net.co.jp/

5位 カイノス タウン・ステッキ 450ポイント
スポーティーな見た目(シナノ)
登山用のトレッキングポールのようなスポーティーなグリップ部分が目を引く。「そろそろ杖が欲しいけれど、いかにも杖というデザインは嫌だという人にぴったり」(面城さん)。プラスチック樹脂のグリップはしっとりとした質感で握りやすい。これなら汗や雨で手がぬれていても滑りにくいだろう。街歩き用の杖として支柱先端の平面なゴムは地面をしっかりとらえる。「安定感とともにリズミカルな突き心地が手にダイレクトに伝わる。その気持ちよさがもっと歩いてみようという気分にさせる」(小澤さん)。色は黒と茶の2種類。
(1)80~95センチ(2)5616円(3)http://www.sinano.co.jp/

6位 輝きステッキ 330ポイント
ピンクのバラ柄華やか(モリト)
支柱にピンクのバラの花柄がデザインされた物もあり見た目が美しい。華やかな雰囲気が女性のハートをつかみそうだ。柄は乗用車のライトなどが当たると反射し、夜道でも安全に歩行できる機能を備えている。「柄の美しさにとどまらず、支柱の高さを調節する際、シャフトのぐらつきがない。基本的機能と構造がしっかり作られており安定感に優れる。初めての人だけでなく万人向けの商品」(伊藤さん)という。「木製グリップにはシリコン加工の滑り止めが付いており、壁に立てかけても倒れない」(渡邉さん)。
(1)69~91.5センチ(2)基本の商品8208円、支柱が太い商品9288円(3)http://www.morito.co.jp/

7位 セーラ 290ポイント
3点接地 坂道でも安心(マキテック)
杖先からゴムが3個、地面に接する。足腰の衰えた人の歩行を補助するステッキ特有の「3点杖」が唯一ランクインした。「地面との接地面積が増えることで、より安定的に杖を使用できる。坂道やデコボコ道など条件の良くない場所でも安心して使いやすい」(木下さん)という。ただ初めて使おうという人にとって武骨な感もある先ゴムの形に違和感を覚える向きがあるかもしれない。だが「細身の支柱で、350~450グラムの杖が多い中で220グラムと軽量。見た目や使い勝手に工夫しており取り扱いやすい」(渡邉さん)、「高級感のあるデザインが支持されそう」(面城さん)などと評価された。
(1)65~85センチ(2)8424円(3)http://makitech.co.jp/index.html

8位 カイノス SOFT―GA 280ポイント
長時間でも疲れにくく(シナノ)
長く突いていると手のひらが痛くなる――。そんな悩みを解決してくれるのがこの逸品。「スポンジのようなグリップが柔らかく握りやすい。手が女性より大きい男性に向いている商品」(望月彬也さん)、「今回のラインアップで握りやすさはこれが一番」(小澤さん)などとグリップを評価する声が相次いだ。グリップ全体を覆うスポンジの正体は発泡ゴム。シナノが独自開発したゴムは手にかかる圧力を吸収し、手のひらの痛みを軽減する。「杖先のゴムは大きめで安定感がある。軽量なのも初心者にはうれしい」(案西さん)と支柱の機能性もグリップに引けを取らない。
(1)75~90センチ(2)1万2960円(3)http://www.sinano.co.jp/

9位 テイコブ伸縮ステッキ 270ポイント
軽く華やかで女性向け(幸和製作所)
支柱全体を彩る桜が心を浮き立たせる。ステッキの色の種類は写真の「サクラネイビー」ほか、「サクラピンク」「アサガオブルー」の計3通り。「華やかで女性向けのデザイン」(案西さん)であり、「女性には少し頑丈な印象があるかもしれないが見た目より軽量で安定感がある」(松本さん)という。グリップの下部分を細くした結果、握りやすくなり長時間の散歩でも楽に握れるようにした。同社の福祉用具ブランド「テイコブ(TacaoF)」は「take care of」を組み合わせた造語。ステッキからは身体だけでなく心のお世話にも気を配る姿勢がうかがえる。
(1)65.5~85.5センチ(2)9180円(3)https://www.tacaof.co.jp/

10位 ステッキかるがもファム伸縮S 230ポイント
7種の柄 グリップは小ぶり(フジホーム)
このステッキもあでやかなデザインだ。ブーケからリーフネイビー、ボタニカルまでヨーロピアンデザインの柄模様7種類を取りそろえる。「おしゃれなデザインでファッション性は群を抜く。重さも適度にあり安定感も十分」(吉岡さん)、「だれにでも取り扱いやすい。女性向けではあるものの、ブーケは黒がほどよく強調されており男性でも抵抗感なく使えそう」(渡邉さん)。小柄な人でも使いやすいようにグリップを小ぶりに設計したのも特徴だ。だが小柄な人でも手の大きさはそれぞれ。「店頭でしっかり試してから購入したい」(伊藤さん)。
(1)66.5~89.0センチ(2)5940円(3)http://www.fujihome.co.jp/
◇  ◇  ◇
ランキングの見方 数字は選者の評価を点数化。商品名、メーカー名(1)杖の長さ(2)税込み価格(3)情報サイト。写真は岡田真。
調査の方法 専門家への取材を元に伸縮と折り畳みの杖を計23点リストアップ。価格も比較的購入しやすいものとして5000~15000円程度の商品を選んだ。シニアが外で初めて使う杖として(1)安定性・安全性があり突き心地が良い(2)デザインに優れ思わず手に取りたい――などの観点で1~10位まで順位を付けてもらい、編集部で集計した。
今週の専門家 ▽案西淳(済生会神奈川県病院リハビリテーションセラピスト科技師長代行)▽伊藤勝規(NPO法人とちぎノーマライゼーション研究会理事長)▽小澤希望(板橋中央総合病院リハビリテーション科)▽面城知幸(介護ショップカミヤ福祉用具専門相談員)▽木下修(日本リハビリテーション専門学校理学療法学科教員)▽田中康之(一般社団法人千葉県理学療法士会会長)▽松本美樹子(公益財団法人テクノエイド協会普及部主任)▽望月彬也(望月彬也リハデザイン社長)▽吉岡明日香(ハートフル訪問看護ステーション中目黒サテライト都立大所長)▽渡邉愼一(横浜市総合リハビリテーションセンター地域リハビリテーション部長)=敬称略、五十音順

情報源: おしゃれで小粋で機能的 敬老の日に贈りたい杖10選|MONO TRENDY|NIKKEI STYLE