これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 日付別アーカイブ: 2018年9月12日

高齢者1245人の追跡調査で判明、長寿命の人に共通の「食事法」

さて今回は、食品摂取の多様性と総死亡リスクとの関係である。 総死亡リスクとは、死をもたらす原因を特に限定しない“死”そのものの危険度のことである。死者を弔うための葬儀を営むためには、医師の死亡診断書がなくてはならない。そ …

昭和の名曲、声高らかに 仁賀保、生伴奏でシニア世代が合唱

生演奏に合わせて大勢で昭和の名曲を歌う「みんなで歌おう!昭和の名曲」が8日、秋田県にかほ市の仁賀保勤労青少年ホームで開かれた。シニア世代を中心に市内外から400人以上が訪れ、青春時代を思い出しながら懐かしの歌を声高らかに …

合格者最高齢は56歳 青森県職員社会人採用

青森県人事委員会は11日、本年度の県職員採用試験の社会人枠で8人が合格したと発表した。受験倍率は12.1倍で、社会人枠を導入した2011年度以降3番目の高さとなった。17年度から受験資格がそれまでの29~33歳(受験する …

アクティブシニアは「体重測定」「血圧測定」「運動」が日課?! 60歳代以上の男女の悩み第1位はやっぱり「自分の健康」

株式会社アンテリオ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:仁司与志矢)は、全国の16~79歳の男女2632人を対象に、「健康」に関する意識と実態の把握を目的とした自主企画調査「生活健康基礎調査」を実施しました。今回はその …

シニアに特化した新たなモニターサービスを開始!全国会員から高齢者のみを抽出して各種モニター業務が実施可能

株式会社シニアマーケット総合研究所シニア・高齢者向けビジネス専門のコンサルティング会社である株式会社シニアマーケット総合研究所(東京都品川区上大崎、代表取締役 山下 健太郎、以下「シニア総研」)は、全国約60万人の会員を …

ドローンやAIは超高齢社会の救世主になるか

ドローンネット(東京都千代田区、村上一幸社長、03・6261・0440)は、地方自治体向けに、飛行ロボット(ドローン)を活用したまちづくりシステムの提案を始める。高齢者の見守りや安否確認、家畜の継続監視、鳥獣被害対策、イ …

月亭八方、引退の時期に「5年というと厚かましい」

落語家月亭八方(70)が8日までに引退時期について語った。カンテレの特別番組「痛快!シニア世代の本音ランキングTV」(15日午前10時55分、関西ローカル)の記者会見が大阪府内で行われ、現役の時期についての質問に八方は「 …

高齢者の自転車と自動車利用に関する調査2018

自転車の安全利用促進委員会自転車の安全利用促進委員会は、9月17日(月)の敬老の日および9月21日(金)から9月30日(日)の秋の全国交通安全運動を前に、高齢者の自転車の利用と自動車(以下 クルマ)の利用についての調査を …

家族と高齢社会の法 第1回「変容する家族が直面する課題」

家族が直面する各種の法的課題および家族機能の低下した高齢(長寿)社会を支える社会保障制度をめぐる法的課題を、ライフステージに沿って検討するという本講義の全体像を示すとともに、講義のねらいと担当者を説明する。 【キーワード …

きょうの健康 万病のもと!糖尿病徹底対策「要注意!低血糖」

糖尿病では血糖値が低下する低血糖にも要注意!重症の低血糖では脳卒中や心筋梗塞など命に関わることも!?特に注意する必要があるのが高齢者で、血糖値の管理目標も新しくなった。その目標値を丁寧に解説。また、低血糖を起こさないよう …

1 2 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.