自転車の安全利用促進委員会自転車の安全利用促進委員会は、9月17日(月)の敬老の日および9月21日(金)から9月30日(日)の秋の全国交通安全運動を前に、高齢者の自転車の利用と自動車(以下 クルマ)の利用についての調査を実施いたしました。
秋の訪れとともに日没時間が急激に早まる9月は、夕暮れ時や夜間にかけて重大事故につながるおそれのある交通事故が多発しており、毎年内閣府をはじめとする複数の機関によって、広く国民に交通安全の普及・浸透を図るために秋の全国交通安全運動が行われています。特に65歳からの高齢者は、身体能力の衰えなどから、クルマ運転に不安を覚え、他の交通手段へと変更を検討するタイミングにあります。しかしながら今回の調査によると、約9割の高齢者がクルマの運転免許証を継続して所持しており、運転免許返納者はわずか6.0%に留まりました。しかし、自転車道路の整備や自転車の購入補助の環境が整えば、運転免許証を返納したいという回答も見られました。
また、今回の調査では、高齢者は長期にわたり同じ自転車を利用しているにも関わらず、メンテナンスや整備機会が少ないなど、ハード面への意識が低いという現状が浮かび上がってきました。このような調査結果に対し、自転車の安全利用促進委員会メンバーであり、(株)三井住友トラスト基礎研究所研究理事の古倉宗治氏は、交通ルールや運転マナーなどのソフト面を意識するだけでなく、自転車自体の安全性や機能のハード面を見直すことも重要とコメントを寄せています。

■調査トピックス
1.高齢者の自転車利用の頻度はクルマ利用を上回る結果に!
  自転車を利用する高齢者の内、約4人に1人は“全くクルマの運転をしていない”
2.クルマより自転車を利用する理由は、移動距離の短い用事が多いからがトップに。
  高齢者は自転車とクルマの使い分けが上手?
3.クルマの運転免許返納者はわずか6.0%に留まる結果に。
  自転車の道路整備や購入補助の環境が整えば、免許を返納したいと回答!
4.運転免許証を返納・クルマを運転しなくなった要因は“自身の運転技術に不安を覚えたから”
  自治体によってはクルマ以外の移動手段を促進する制度も。
5.高齢者の38.3%が1年以上自転車のセルフメンテナンスを放置、74.3%がプロの整備を受けていない!
  安全・安心にはメンテナンスが必須!購入時にはBAAマークを要確認。
・・・
■調査概要
調査主体:自転車の安全利用促進委員会
調査日 :2018年8月24日(金)~8月26日(日)
調査方法:アンケート調査(インターネット調査による)
調査対象:65~79歳の男女回答数 :300名(東京23区&大阪市内:150名 その他地域:150名)
条件  :月に1回以上自転車に乗っている且つ運転免許取得者又は取得歴のある方
・・・

情報源: <高齢者の自転車と自動車利用に関する調査2018>クルマを運転しない高齢者の4人に1人が自分の運転技術を不安視! 高齢者の自転車利用の頻度はクルマ利用を上回る|自転車の安全利用促進委員会のプレスリリース