さて今回は、食品摂取の多様性と総死亡リスクとの関係である。
総死亡リスクとは、死をもたらす原因を特に限定しない“死”そのものの危険度のことである。死者を弔うための葬儀を営むためには、医師の死亡診断書がなくてはならない。そのため死因には何かしら病名がついてしまうことが多い。
ところが死をもたらす原因は、必ずしも病気とは限らない。真夏の夜の怪談話ではないが、未知の恐怖に襲われたことによるショック死もあるだろう。思いがけない悲嘆と落胆がもたらした注意欠如による、普通ならあり得ない事故死もあるだろう。いったいなぜ交通量が多い道路のこんな場所を横断したのだろうと思う、交通事故死のニュースを目にすることもある。自死を選ぶ原因もさまざまだ。社会問題化した過労死には人間社会が看過した不条理の蓄積も絡んでいる。
死亡診断書の死因が“死”をもたらした真実の原因ではないことは多々あるはずだ。原因を特定しない総死亡の危険度は、個別の病気を予防する手立てを実直に足しあわせても低減することはできない。生存することを阻み、人生を終焉させてしまう広範かつ意味深長なリスクが総死亡リスクである。
したがって、総死亡リスクを予知する事柄に対する考察は慎重でなければならない。観察する集団の属性は、とても重要な要因になる。年齢構成は若者が多いのか高齢者が多いのか、経済的な裕福度はどの程度か、男性と女性の割合はどうなのか、これらの社会人口学的な要因をしっかり吟味考慮する必要がある。
わが国は総死亡リスクを探索しようとする健康科学の研究が、世界的に見て少ない国である。この事情を踏まえ、筆者はシニアの総死亡リスクを予知する栄養要因を特定する研究を長く続けている。その成果の一部を紹介する。食品摂取の多様性得点は総死亡リスクを単独で変動させる
D市で生活している平均年齢73歳の元気シニア1245名を7年間追跡した時の研究データがある。7年間に232名が亡くなっている。栄養要因と総死亡リスクの関係を見極める際、追跡を開始してから間もない死亡と、かなり経過してからの死亡とでは、その因果の解釈の仕方が大きく異なる。追跡開始後間もない死亡との関係は、食生活という生活習慣の影響というよりは、死を早める差し迫った原因が考えられるためである。調査に参加した時点ですでに重篤な病気などに罹患しているケースなどがそれにあたる。
一方、かなり経過してからの死亡との関係は、食生活習慣そのものの影響ととらえることができる。一般に生活習慣と総死亡リスクとの関係を分析する際は、追跡開始から2~3年内の死亡は除いて分析する。紹介するデータはこの問題を解消するために開発された追跡開始から死亡するまでの時間の影響を加味酌量する分析法によるものである(この分析法をコックス比例ハザードモデルという)。
まず、調査開始時に1245名の食品摂取の多様性得点を調査する。食品摂取の多様性得点の算出方法は連載18(2018年1月31日付)を参照してほしい。そして三分位の0点~3点のグループ、4点~6点のグループ、7点~10点のグループに区分して各グループの7年間の総死亡の相対危険度を算出した。
その結果、0点~3点のグループに対して4点~6点のグループの危険度は22%低かった。同様に7点~10点のグループの危険度は32%低かった。この関係は直線的で偶然、あるいは誤りの確率は1%未満で、統計的に有意であった。このリスク差は性、年齢、脳卒中、心臓病、糖尿病、高血圧、趣味の有無、喫煙習慣、運動習慣の影響を調整して算出している。シニア世代では趣味の有無と喫煙習慣は総死亡リスクに大きく影響し、趣味は余命を延ばし(総死亡リスクを下げ)、喫煙習慣は死を早める(総死亡リスクを上げる)。
一方、メタボリックシンドロームの循環器疾患は総死亡リスクにあまり関係しない。趣味と喫煙の2つの強烈な予知因子を酌量しても、食品摂取の多様性得点は総死亡リスクを単独で変動させており、高得点のシニアほど余命は長い。小欄シリーズで幾度か触れてきたが、食品摂取の多様性得点が高いことは、体の栄養状態を高め、同時に心の健康度(安寧の情緒)も高める。その結果として“死”そのもののリスクを低減するのである。やはり食事の質は、人生の量も質も決めてしまうのである。

情報源: 高齢者1245人の追跡調査で判明、長寿命の人に共通の「食事法」 | ビジネスジャーナル