茨城県言語聴覚士会は、食べ物をのみ込む「嚥下(えんげ)力」が落ちた人向けの外食メニューを、レストランチェーン「すぎのや」(茨城県坂東市)と共同開発し、今月から提供を始めた。嚥下リハビリ専門家が監修したメニューを外食チェーンが常時提供するのは全国でも珍しいという。
メニューは、「刺身和食定食」(税別1250円)と「和風ハンバーグ定食」(同1350円)。両方とも主品のほか、天ぷら、温野菜、みそ汁かうどんなどからなるご膳料理だ。 見た目は通常の料理と変わらな…

情報源: のみ込む力落ちても外食を 飲食チェーンが専用メニュー:朝日新聞デジタル