北都銀行の主導で秋田市に整備する「秋田版CCRC」の拠点施設の起工式が13日、開かれた。高齢者向け住宅やクリニックなどで構成。秋田駅から徒歩4分という利便性を武器に、首都圏などから健康で元気な高齢者の移住を狙う。人口減少や高齢化が日本最速で進む秋田県で中心市街地活性化も目指す「生涯活躍のまち」の成否は全国から注目を集めそうだ。
CCRC拠点として建設するビルは地上17階、地下1階で延べ床面積は約…

情報源: 元気な高齢者 秋田市に来たれ 北都銀主導、複合居住拠点の起工式:日本経済新聞