一般社団法人 日本流行色協会(JAFCA、所在地:東京都千代田区、理事長:宮﨑 修次)は、シニア世代をターゲットに、「高齢者を元気にするカラーデザイン研究会(略称SCSG)」の活動を行っております。
この度、新しい時代のシニア層を「アッパー・ジェネレーション“U.Ge(ユージー)”」と名付け、この世代の志向にあったトレンドカラー「U.Ge Color 2019-2020」を、2018年の敬老の日に合わせ発表いたします。
一般社団法人 日本流行色協会(JAFCA)は、1953年の設立以来、あらゆる商品分野に向けたカラーの先行情報の選定と提案を行っている団体です。 さまざまなトレンドカラーの選定を中心とした活動を行っている中で、増大するシニア層に向けたカラーの指針が曖昧であるという問題意識から、2016年「高齢者を元気にするカラーデザイン研究会」を発足。業界の垣根を越えた人たちが集まり活動する中で、先行きを見据えたシニア向けのカラーを選定しています。 この度、これまでの高齢者、シニアという名前を改め、新しい時代のシニア層(50歳代以上)として「アッパー・ジェネレーション Upper Generation(略称U.Geユージー)」を命名し、その世代の方々に相応しい2019-2020年に向けたトレンドカラーを選定いたしました。
その中から、特に注目される2つのカラーグループを発表いたします。なお、このカラーは今後も年に1回選定する予定です。
【U.Ge Color 2019-2020】
カラーの全体テーマは「水の形」。U.Ge世代には、自由で何事にもとらわれることがなく、「融通無碍(ゆうずうむげ)」にあってほしいという思いが込められています。2つのカラーグループを紹介します。
1.グループ名「湧く」
咲き誇る花のように内側から沸き上がるエネルギーをイメージした、レッド、ピンクなどの暖色系のカラー。身につけるとわくわくし、今すぐに出かけたくなるような気分が高揚するカラーです。
2.グループ名「深まる」
テーマの「水の形」に沿ったブルー系を中心としたグループ。水面の明るいブルーから深海の暗いブルーまでの様々な表情。様々な人生経験を経て深い知識をもつ人を、よりクールにかっこよく見せてくれる色です。
SCSG研究会で昨年実施されたU.Ge世代の嗜好調査の結果、ピンク系とブルー系の人気が高いことがわかりました。今回のカラーは、それらの調査結果とトレンドカラーの方向性を踏まえて選定されたものです。
それぞれピンク、ブルーを中心に同系色の多色配色として活用することが推奨され、またイエロー系やカッパーをアクセントとして組み合わせています。
「U.Ge Color 2019-2020」は全部で4つのグループで構成されています。他のグループや詳細については、11月9日(金)に開催されるセミナーで解説いたします。詳細はJAFCAのホームページをご覧下さい。https://www.jafca.org/
※「高齢者を元気にするカラーデザイン研究会 Senior Color Study Group(略称 SCSG)」とは
今後増加の一途をたどると予想される高齢者をターゲットに、2016年に日本流行色協会内に設立された研究会です。これまで高齢者向けの商品ではとかく機能に重点が置かれ、カラーは置き去りにされがちでした。本当に高齢者にとって心地よい色とはどういうものか、ファッション、化粧品、住宅設備など様々な産業界の方が集まり、検討、検証する活動を行っています。
「高齢者を元気にするカラーデザイン研究会SCSG」
https://www.jafca.org/membership/#unit-6828

情報源: 新しい時代のシニア「アッパー・ジェネレーション(略称U.Ge)」に向けたトレンドカラーを選定|一般社団法人 日本流行色協会のプレスリリース