コツコツ骨ラボ食生活を中心とした正しい情報を発信し、効率的な骨作りを推進する「コツコツ骨ラボ」は、敬老の日を前に高齢者の骨の健康に関する意識およびその実態を把握することを目的として調査を行いました。10月は骨に関連した記念日(10月8日「骨と関節の日」、10月10日「転倒予防の日」、10月20日「世界骨粗鬆症デー」)が多いため、明確な症状が表れにくい「骨の健康」を意識するきっかけにして頂きたいと考えています。

【調査概要】
調査主体:コツコツ骨ラボ
調査期間:2018年8月8日(水)~8月10日(金)
調査方法:インターネット調査
調査対象:60歳~79歳 男女1,000名(各性・年代250名ずつの均等割付)

【調査サマリー】
■週1回以上運動している人は約5割、体力・筋力維持は意識するも「骨を丈夫に」は意識せず
「ウォーキング」や「ストレッチ」を週1回以上行うなど積極的に運動してはいるものの、その目的は体力・筋力維持のためであり、「骨を丈夫に(骨粗しょう症予防)」を意識している人は16%しかいませんでした。
■介護予防のために約6割の人が適度な運動や栄養バランスのとれた食事をしている
「適度な運動をする」「栄養バランスの取れた食事をする」人は約6割、特に70代女性は7割以上が食事に気を付けていることが分かりました。
■骨はカルシウムだけでは強くならない!“骨太”になるための栄養知識は偏りあり。「ビタミンK2」の認知は1割未満
約半数以上の人が、健康のために積極的に野菜やたんぱく質(肉・魚・納豆・豆腐)、乳製品の摂取をしていることが分かりました。一方、「健康な骨をつくる」ために摂取している食品は、魚・牛乳・チーズ・ヨーグルトなど「カルシウム」を含むことで知られる食品がほとんどでした。カルシウム以外の「健康な骨をつくる」栄養素を含む納豆は約2割、きのこ類は約1割未満のみにとどまり、“骨太”になるための栄養知識に偏りがあることが分かりました。
また、「カルシウム」以外の骨づくりに重要な栄養素も同様に知られておらず、カルシウムの吸収を高める「ビタミンD」は 49.5%、カルシウムの骨への沈着を助ける「ビタミン K2」は6.6%にとどまり、「骨はカルシウムだけでは強くならない」ことが正しく理解されていないことが明らかになりました。
本調査によって、介護予防に重要な「骨強化」の知識や理解不足の実態が明らかになりました。厚生労働省発表の「平成28年国民生活基礎調査」では、介護が必要となった主な原因として「骨折・転倒」が上位に含まれています。日頃から骨を丈夫にすることで介護予防につながります。また、骨粗しょう症患者の4人に1人は男性です。体力・筋力維持に加え、骨も丈夫にすることを心掛けましょう。長生きできる骨づくりのコツは、毎日の食生活で「カルシウム」「ビタミンD」「ビタミンK2」の「骨のゴールデン・トライアングル」を積極的に摂ることと、高齢者でも簡単に取り組める「骨に刺激を与える体操」を行うことです。毎日コツコツ、長生きできる骨づくりを目指しましょう。・・・

情報源: <「骨の健康と食生活」に関する意識調査>~10月は骨の健康月間!~介護予防のために「食事」を意識する高齢者は約6割 しかし“骨太”な栄養知識には偏りあり|コツコツ骨ラボのプレスリリース