九州工業大学はIT(情報技術)を使った健康関連技術について産学官の連携拠点を立ち上げる。北九州市内の若松キャンパスに運動機能の測定機や3Dプリンターなどの加工設備を置き、企業との共同研究や製品の開発・評価を請け負う。同大が得意とするセンサーやヒトの動作分析に関する技術を生かし、医療介護や「未病」領域の先端機器を生み出す狙いだ。
新新拠点「スマートライフケア共創工房」は同大大学院の生命体工学研究科が…

情報源: 九州工大、ヘルスケアで産学官連携 製品開発拠点を新設:日本経済新聞