急速な高齢化を受け、安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」は人口問題に比重を移す。首相は14日、アベノミクスの看板である大規模な金融緩和の出口戦略に言及した。自民党総裁選で勝利すれば、高齢者や外国人が活躍しやすい環境づくりを急ぐ考えだ。政府として新たな経済成長に向けた柱に据える。
「70歳以上の人口が5人に1人」となった総務省の調査は、政府に高齢化への一層の対応を迫るものだ。政府は世界保健機関(…

情報源: アベノミクス 人口問題に比重 高齢者・外国人を活力に:日本経済新聞