「おばあちゃんの原宿」と呼ばれている巣鴨(豊島区)にある高岩寺・とげぬき地蔵尊境内では17日、高齢者向けの体操教室が開かれ、約250人が参加した。
会場では、まず東京医科歯科大の水口俊介教授が登壇し、口腔機能の衰えが食欲低下につながることを説明。「かむ力を養い、適度な運動をして健康でいましょう」と参加者に呼びかけた。
その後、参加者たちはガムをかみながら約30分間、1キロの木製ダンベルを持ち上げたり、上体をひねったりして、汗を流していた。
参加した板橋区の若月すみ江さん(68)は「気持ち良く体を動かせた。今日習った体操を自宅でも実践したい」と笑顔だった。

情報源: 適度な運動で健康に、木製ダンベルで体操…巣鴨 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)