塩野義製薬(4507)は20日、宝ホールディングス(2531)から、健康食品の通信販売を手掛ける宝ヘルスケア(京都市)の全株式を取得すると発表した。併せて、タカラバイオ(4974)の健康食品事業の買収も発表した。宝HLDグループの健康食品事業を一体で取得し、高齢者向けの健康増進事業を強化する。
一般用医薬品を手掛けるシオノギヘルスケア(大阪市)を通じ、2019年1月1日に宝ヘルスケアの全株式取得とタカラバイオの健康食品事業の承継を実施し、同1月2日にシオノギヘルスケアを存続会社として宝ヘルスケアを吸収合併する。
買収金額などは非開示。塩野義は「2019年3月期の業績に与える影響は軽微」としている。

情報源: 塩野義、宝ヘルスケア株の取得など発表 健康食品事業を強化:日本経済新聞