電球交換、固い瓶の蓋開け、重い荷物の移動、草むしり…。ちょっとしたことでも高齢になると難しくなる、そんな身近な困り事を代行するサービスが人気だ。介護や医療、行政支援の隙間を埋めるような、「5分100円の家事代行」を掲げて注目される会社「御用聞き」。このほど同社が請け負ったベランダの片付け作業に同行した。

地域に溶け込んで
「御用聞き」の活動拠点は、高齢化率が35%を超える高島平団地(東京都板橋区)だ。ベランダの片付けを依頼したのは、この団地で暮らす50代の男性。1人暮らしで障害があり、粗大ごみなどを出すのが難しいと、初めて依頼した。
作業に当たったのは同社取締役の松岡健太さん。男性が鉄道好きと分かると、松岡さんは鉄道ネタの世間話なども交えながら作業。植木鉢や粗大ごみなどをてきぱきと仕分けていく。ごみ置き場に運ぶ作業も含め、約1時間半。足の踏み場もないほどだったベランダは、すっかりきれいになった。・・・

情報源: 100円御用聞き 高齢者の新しい「インフラ」 – 産経ニュース