静岡県川根本町が舞台。2017年に川根本町へIターン、農家民宿「いにしえの風」と「鉄橋の杜キャンプ場」を始めた猪又克弥さん(54歳)と妻の恭子さん(55歳)が主人公です。
兵庫県西宮市で生まれ育った克弥さんは、大阪の大学を卒業後、生命保険会社に就職し、その後、電鉄会社に転職します。中学校の同級生だった恭子さんと27歳の時に結婚。1人息子を育てます。
克弥さんは、大学時代から趣味はキャンプ。結婚後も、車にキャンプ用品を一式積み込み、家族3人でも出かけていました。
53歳で会社を早期退職した克弥さん。長年温めていた民宿を開くための準備を始めます。場所は川根本町と決めていました。小学6年生の時に大井川鐵道のSLを見に行ったのがきっかけです。SLに魅せられた克弥さんは、キャンプでも川根本町を毎年のように訪れ、この町にも魅せられていきました。
そして大井川鐵道、地名駅の目の前に建つ古民家を購入し、リフォームをしました。さらに、キャンプに来ていた頃から憧れていた崎平地区の中古ログハウス購入、西宮市から移り住みます。すると、ログハウス前の敷地を見た恭子さんは「ここでキャンプ場が出来ないか」とひと言。克弥さんは、キャンプ場も開くことを決意しました。こうして、2017年10月に農家民宿とキャンプ場を同時オープンさせました。
民宿では野菜の収穫や、アマゴのつかみ取りなどが体験でき、キャンプ場では大井川のせせらぎを聞きながら、SLが鉄橋を通過する風景を満喫できます。
自然が豊かでSLが運行する川根本町で、農家民宿とキャンプ場を営むご夫婦の日常と、地元の人たちとの交流の様子を紹介します。

9月22日(土) 18:00~18:30 (30分) テレビ朝日系

番組情報:人生の楽園「SL愛でる駅前宿~静岡・川根本町」