この記事では、今知っておきたい健康や医療の知識をQ&A形式で紹介します。ぜひ今日からのセルフケアにお役立てください!

【問題】要介護になる原因として、認知症や脳卒中に匹敵する疾患は次のうちどれでしょう?
(1)骨折・転倒、関節疾患
(2)心疾患(心臓病)
(3)がん

正解は、(1)骨折・転倒、関節疾患です。

■運動器の機能低下に関連する原因は意外と多い
厚生労働省の「平成28年国民生活基礎調査」によると、介護が必要になった主な原因として、1位が認知症(18.0%)、2位が脳卒中(16.6%)、3位が高齢による衰弱(13.3%)、4位が骨折・転倒(12.1%)、5位が関節疾患(10.2%)となっています。
ところが、東京大学大学院教授の石井直方さんは、「要介護の原因のうち、3番目の一部から5番目までを合わせた、筋肉や関節、骨といった運動器の機能低下がなんと全体の約30%になるのです」と言います。
ここでいう「高齢による衰弱」とは、老化に伴ってさまざまな機能や能力が低下し、身体的な障害を誘発しやすい状態のことで、その一部は「フレイル」とも呼ばれています。これに「骨折・転倒」と「関節疾患」とを合わせて「運動器の機能低下」としてまとめると、認知症や脳卒中の割合を上回るというわけです。

■高齢者こそ筋トレ!?
運動器の機能低下に関係しているのが、筋肉量の減少です。男女に関係なく、筋肉量は20代をピークにして、加齢とともに徐々に減っていきます。これはサルコペニアと呼ばれ、誰にでもある現象です。さらに加齢が進み、筋肉量とともに筋力も減少すると、身体機能が衰えてきます。
サルコペニアと密接に関係しているのがロコモティブシンドローム(運動器症候群)、通称ロコモです。ロコモは、筋肉を含む、骨や関節、椎間板といった運動器に障害が起きて、「立つ」や「歩く」といった基本的な機能が衰えること。ロコモになると毎日の活動量が減り、さらに筋肉が衰えてしまう恐れもあります。
「筋肉量を保つには、筋肉細胞に対しての刺激が必要です。つまり、適切なトレーニングで筋肉を太くし、食生活にも気を付けながら、メタボも解消していくことが健康寿命を延ばすことになります」(石井さん)
筋肉は体を動かすだけではなく、関節を支える役目もあります。筋力を保つことができれば、転倒やそれに伴う骨折、外傷も防ぐことができるので、寝たきり状態になるリスクを低減することにつながるのです。
「高齢者を対象とした研究では、筋肉量が多い人ほど骨の強度も高いというデータもあります」(石井さん)。高齢者こそ筋トレなどで筋肉量を維持するための運動を続ければ、骨への刺激にもなり、寝たきり予防につながるというわけです。

情報源: 要介護になる3大疾患 認知症・脳卒中、もう1つは?|ヘルスUP|NIKKEI STYLE