岩手県の北部に位置する一戸町が舞台。この町で今年、鮮魚店をオープンした田口健さん(66歳)と妻のさとみさん(64歳)が主人公です。
一戸町で生まれ育った健さんは高校を卒業後、町内の鮮魚店に就職します。26歳の時に隣町二戸市出身のさとみさんと結婚。2人の男の子が生まれました。
長年鮮魚に携わる仕事をしてきた健さんは40歳で大手スーパーに転職。ここでも鮮魚の担当でしたが、盛岡市への転勤をきっかけに退職を決意します。その後は地元の障害者支援施設で働いていました。しかし、「もう一度、鮮魚に携わる仕事がしたい」。更には「自分のお店を持ちたい」というかつての夢も蘇りました。「やらないで後悔するより、やって後悔する方がいい」と、65歳で一念発起した健さん。空き店舗を借りて店内を改築し今年5月に念願の鮮魚店「さかなや」をオープンしました。更に2カ月後の7月には同店舗内で、魚をつまみにお酒が飲める「ちょい飲み処」も始めました。
鮮魚店「さかなや」では、健さんが盛岡市の市場で仕入れた鮮魚の他に、さとみさん手作りの総菜も販売しています。それらの鮮魚や総菜は、酒のつまみとして「ちょい飲み処」で食べることもできます。既に常連さんもいます。店舗の大家、山口英美さん(73歳)です。奇麗になった店舗を見て「逆に家賃を払わないといけない」と言います。健さんは「家賃以上に飲んでもらっています」と笑顔。
「さかなや」定休日。夫婦で出掛けたのは岩手県内に暮らす2人の息子たちの元。売れ残った魚がもったいないので、それを届けに行くのが定休日の恒例に。とは言え魚はあくまでも口実。本当は孫に会うのが目的なんです。長男・晴之介さん(38歳)は「休みの度に売れ残りと言って魚を持ってくると、商売として大丈夫か心配になるが頑張って欲しい」と2人のエールを送っています。
65歳で長年の夢を叶え、地元で鮮魚店と飲み処「さかなや」をオープンした田口さん夫婦の日常と、店を訪れる人々との交流を紹介します。

9月29日(土) 18:00~18:30 (30分) テレビ朝日系

番組情報:人生の楽園「ちょい飲みできる魚屋さん~岩手・一戸町」