「高齢になっても認知症にはならず、元気な脳のままで一生を終えたい」。こう思っている人は多いだろう。認知症を治すことはできないが、発症を予防したり、進行を抑えたりすることは期待できる。日経BP主催のイベント「スマートリィ・エイジングEXPO」における国立長寿医療研究センター長寿医療研修センター長・遠藤英俊さんのセミナー「認知症にならない『元気脳』のつくり方」より、認知症予防につながる生活習慣、食事と運動の勘所などについて紹介する。
認知症の中でも一番多いのがアルツハイマー型認知症。認知症全体の67.4%で、続く血管性認知症18.9%と合わせると認知症全体の85%以上を占める[注1]。
アルツハイマー型認知症は脳に蓄積したアミロイドβと呼ばれる物質が、老人斑という脳のシミのようなものを形成。さらに脳の細胞内へタウという老廃物が蓄積され、これらによって神経原線維の変化が起こるもの。最初に記憶障害が起こる。「古い記憶は残るが、新しい記憶から消えていくんです。被害妄想が出たり、分からないことを分かったように取り繕ったりすることも症状の一つです」(遠藤さん)
CTやMRIの画像で検査をすると、脳の特に海馬と呼ばれる部分が萎縮しているのが特徴だ。一方、血管性認知症は脳梗塞など脳の血管の病気により、脳細胞の一部が機能しなくなるために起こる。どちらも失われた脳細胞が元に戻ることはない。現在、認知症の薬は4種類発売されているが、いずれも認知症を治すものではなく、進行を遅らせることが期待できる薬だ。
では、病理学的に脳の変化が起きている人は皆、アルツハイマー型認知症を発症するのかというと、そうではない。米国修道女を対象とした認知機能の追跡調査「ナンスタディー」から、そのことは分かっている。1991年から修道女678人(75~102歳、死亡時年齢)を対象に毎年、認知機能の検査を行い、さらに亡くなった人の脳を検査したところ、脳にアルツハイマー型認知症の病変が起きていた人でも、認知症を発症していなかった人が8%も存在した。この人たちが生きていた頃の生活ぶりを検証したところ、健全な生活や、脳を活性化させる活動が、認知症の発症や進行を予防する可能性があると考えられた。
「ナンスタディー以降、さまざまな研究から認知症は予防できることが分かってきました。認知症予防で最も大切なのは、血管の老化(動脈硬化)を予防することです」と遠藤さんは話す。そのために重要なのが、次の5カ条だという。

情報源: 運動や日記書き… 医師が語る認知症予防5カ条|ヘルスUP|NIKKEI STYLE