これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 日付別アーカイブ: 2018年10月4日

高齢者の就労支援 東京セカンドキャリア塾開講

「人生100年時代」といわれるなか、東京都は3日、働く意欲のある高齢者の就労を支援するイベント「シニアしごとEXPO」を初めて開催した。会場では仕事説明会や合同面接会を行う企業のブースも設けられ、来場者らは今後の働き方に …

高齢者雇用の現状と課題(中) 再雇用延長の是非 議論を

ポイント ○定年制で貢献上回る賃金払う契約白紙に ○65歳までの雇用確保義務化は一定の成果 ○70歳への延長では解雇規制見直し不可避 政府が6月にまとめた成長戦略「未来投資戦略2018」では、高齢者雇用の推進に向けて「定 …

65歳以上の就職説明会 その場で仕事決まる可能性も

東京都が65歳以上を対象にした就職説明会を開きました。 東京都が主催した「シニアしごとEXPO」は、定年退職をした65歳以上の高齢者を対象にマンション管理や百貨店で洋服を販売する仕事など、30社が説明や面接を行いました。 …

空き家を高齢者の「居場所」に 鳴門にオープン

空き家を高齢者の居場所として活用する試みが鳴門市で始まった。今月1日、第1号となる施設が大津町木津野にオープン。公益財団法人さわやか福祉財団(東京)の助言を受けて、地元のボランティアらが運営する。市によると、こうした施設 …

人生100年時代 定年シニアは「家事力」を高めよう

定年後に大切なことは「きょういく」と「きょうよう」だとよくいわれます。これは「教育」と「教養」ではなく、「今日、行く」と「今日、用」、すなわち定年になった後も自分の居場所や活動すべきことがあるかどうかを表現する言葉です。 …

老人ホームのチャームケア、高齢者向け分譲マンション

関西を地盤に有料老人ホームを運営するチャーム・ケア・コーポレーションは、高齢者向け分譲マンション事業に参入する。数年内に東京都で開設する。リハビリプログラムや生け花教室を用意するなど、老人ホームで培ったノウハウを活用して …

ニュータウン 千里vs泉北

大阪府北部の千里(吹田市、豊中市)と南部に位置する泉北(堺市、和泉市)は、関西の2大ニュータウンとして戦後の都市の発展を支えてきた。ともに1960年代に産声を上げ、同じように整備された2つの町。現地に足を運ぶと、新規マン …

歯磨きでミドルを元気に 2本ずつ小刻みに/フロスなどを活用

「ミドル世代の体の元気は歯の手入れから」。日課になっている食後の歯磨き。だが、40歳代以降は歯周病で歯を失う人が増えてくる。働き盛りで歯科医院へ行く時間もなく、手遅れになりがちだ。効果的な歯のケアを習慣づければ、シニアに …

老後の備えに専用口座も

安倍政権が掲げる「人生100年時代に向けた制度改革」の一環として、老後の資産づくりを支援する税制の検討も始まる。政府の税制調査会(首相の諮問機関)が10日に18年の初会合を開き、所得税制の見直しなど中長期の税制改革に向け …

ベイシア電器、小型店展開 グループのスーパーに併設

家電量販店のベイシア電器(前橋市)は同じベイシアグループのスーパーなどに小型店を出店する。大型の路面店の3分の1程度の売り場面積とし、冷蔵庫や洗濯機など生活家電を中心に販売する。近年は大手量販店の攻勢もあって不採算店を整 …

1 2 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.