「ミドル世代の体の元気は歯の手入れから」。日課になっている食後の歯磨き。だが、40歳代以降は歯周病で歯を失う人が増えてくる。働き盛りで歯科医院へ行く時間もなく、手遅れになりがちだ。効果的な歯のケアを習慣づければ、シニアになっても歯の数を十分に保って食事が楽しめるほか、様々な病気の予防につながり健康寿命を延ばすことができる。
「40歳を超えると抗菌効果がある唾液が出にくくなるほか、かむ力が衰えて口…

情報源: (ライフサポート)歯磨きでミドルを元気に 2本ずつ小刻みに/フロスなどを活用:日本経済新聞