岩手県にUIJターンするシニア世代が相次いでいる。生産量日本一のホップを生かしたクラフトビール造りを始めた人、ワイナリー開設を目指して首都圏から講座に通う人、長年培った観光の知識を生かそうとする人――。いずれも行政などの力強い支援が転身を後押ししたという。東日本大震災後、少子高齢化や人口減が急速に顕在化した危機感を募らせた自治体もシニアらの呼び込みに力を入れている。…

情報源: (セカンドステージ)やりがい求め 岩手に移住 ビール造りやワイナリー開設 行政の支援、転身を後押し:日本経済新聞