人生100年時代を迎え、65歳への定年延長が現実味を帯びてきた。人手不足解消に有効とはいえ、課題はシニア社員のモチベーション。想定外の定年延長で緊張の糸が切れてしまっては職場の“お荷物”になりかねない。シニアの意思改革に加えて、やる気を促す工夫が勤務先にも求められる。

■ベテランの処遇を改善 50代と同じ役割も
「あと7年も働くのか」。2017年初夏、明治安田生命保険の静岡支社総務課長、寺田康子さ…

情報源: シニア社員、やる気どう維持 定年延長で各社が工夫:日本経済新聞