北海道苫小牧市で約40年にわたりそば店を展開する一休そば。健康志向に対応した新しいそばを開発、高齢者施設など販路を広げるとともに、業界でもめずらしいそば店のプロデュース業にも力を入れる。2023年までにグループ全体の売上高を現在の3億円から5億円に引き上げることを目指す。
一休そばは9月末、健康食品として注目されるダッタンそばの新商品「さらり」を直営店の一部で売り出した。通販でも販売する。通常の…

情報源: 一休そば、店舗プロデュースに力:日本経済新聞