ポイント
○配置・労働時間管理は現役正社員に近い
○報酬管理は昇給なしなど現役との違いも
○働く意識と処遇に対する期待転換が必須

高年齢者雇用安定法の改正により、2006年4月から高年齢者雇用確保措置の導入が義務づけられた。高年齢者雇用確保措置とは(1)定年の引き上げ(2)継続雇用制度の導入(3)定年の廃止――の3つだ。継続雇用制度として多くの企業が導入しているのは再雇用制度だ。嘱託社員など非正規社員の…

情報源: 高齢者雇用の現状と課題(下) 人事管理変更 納得性カギ:日本経済新聞