スポーツ庁は7日、体育の日を前に、2017年度体力・運動能力調査の結果を公表した。体力テストの結果を点数化した合計点は、70代は男女ともに調査開始以降の最高を更新し、高齢者の体力の充実ぶりが目立った。一方、女性の運動実施率は中学生から40代にかけて低迷し、課題が浮上した。
同庁は「高齢者が健康を強く意識し、ウオーキングなどの運動を実施する機運が高まっている」と分析。若い女性の運動離れの要因は「はっきりしたことは分からないが、働く世代については社会進出が進み時間がなくなったことなどが考えられる」とした。

情報源: 高齢者の体力、過去最高 | ロイター