これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 日付別アーカイブ: 2018年10月10日

<脳トレ>高齢者の活力に コープ組合員タブレットにアプリ

コープ東北サンネット事業連合(仙台市)は9日、組合員向けタブレット端末用アプリ「かんたん脳トレ」の完成版の提供を始めた。「脳トレ」で知られる東北大加齢医学研究所の川島隆太所長の監修で開発した。小売業者と大学が連携して高齢 …

着るロボットを林業に ATOUN、南都銀と連携

奈良県川上村で林業の作業軽減を目的とした装着型ロボットの導入が始まった。スタートアップ企業のATOUN(アトウン、奈良市)と南都銀行が連携して初期費用を抑えるリースの仕組みを整え、第1弾として川上産吉野材販売促進協同組合 …

人生100年時代を生き抜くカギとなる骨&筋肉の鍛え方

長寿命時代を生きるために、いつまでも活動的に動けることはとても大切だが、年を重ねれば体は衰え、膝や腰などあちこちが痛んだりもする。骨が弱くなると骨折も心配だ。それでも、元気に動ける体を維持するために、また加齢による慢性的 …

高齢者生き生き 交流拠点

高齢者の交流の拠点となる施設「暮らしのサポートセンターみんなの家Asa居」が、鳴門市大津町でオープンした。空き家を活用し、地域住民がボランティアで運営する。独居者の居場所として、生きがいづくりに役立ててもらい、健康長寿を …

「eスポーツ元年」へ進む地域組織作り : スポーツ

ゲームの腕を競う「eスポーツ」が茨城県内でも盛り上がりを見せている。県は来年の茨城国体で、文化プログラムとして都道府県対抗の選手権を開催予定で、大井川知事は「eスポーツ元年とも言える年。茨城が聖地となるよう盛り上げていき …

歯ブラシで磨けるのは7割 40歳過ぎたら歯間ブラシ

「ミドル世代の体の元気は歯の手入れから」。日課になっている食後の歯磨き。だが、40歳代以降は歯周病で歯を失う人が増えてくる。働き盛りで歯科医院へ行く時間もなく、手遅れになりがちだ。効果的な歯のケアを習慣づければ、シニアに …

住民によるのりあい自動車、高齢社会支え8年半

神奈川県大和市でボランティアの住民が無償で走らせてきた「のりあい」自動車が今月、節目を迎えた。高齢化が進むベッドタウンで、人々の外出を支え、交流を育んで8年半。スタッフの高齢化を見据え、1日から運転をバス会社に委託したが …

商店街にスポーツジム 表町商店街を活性化へ

不動産管理業などを手掛ける前津屋(岡山市)は15日、岡山市中心部の表町商店街にスポーツジム「表町桃太郎ジム」をグランドオープンする。体の機能改善や筋力の向上につながるトレーニング器具を用意し、主に商店街を訪れる高齢者の利 …

新卒採用24%増、神奈川中堅・中小の19年春 民間調べ

浜銀総合研究所が9日発表した神奈川県内企業の2019年春の新卒採用計画によると、中堅・中小企業の新卒採用予定者数は前年実績を23.6%上回った。前年調査(13.2%増)を大きく上回り、比較可能な07年以降で最も高い伸びだ …

シニア向けの入れ歯に関する情報サイト 『入れ歯生活』を10月8日に公開

歯科・美容などの専門領域におけるプラットフォーム事業を展開する株式会社メディカルネット(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長CEO:平川 大、https://www.medical-net.com)は、10月8日「10(い …

1 2 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.