ジョイ・ダネンさん(60)はカナダで8年間暮らした後、母国であるマレーシアに戻ってきた。記憶力が衰え始めた母親(87)の世話をするためだ。ダネンさんは高齢者向け住宅施設「グリーンエーカーズ」で母親にぴったりのヴィラタイプの区画を見つけた。高齢者が自立した生活を送るための設計上の工夫が施され、さらにミニシアターやカラオケルーム、ハーブガーデン用の土地など、各種のアメニティーも用意されている。
大学職員の仕事を引退したダネンさんは自分用にも1区画を購入することに決め、寝室が2部屋ある住居の終身契約に…

情報源: 変わるアジアの高齢者、高級マンションでの単身増加 – WSJ