鈴鹿山脈を望む自然豊かな三重県菰野町が舞台。そんな町の住宅街に、ユニークなお店があるんです。扉を開ければ美味しい香りに包まれ、沢山の手作りパンが目に飛び込んできます。そして店内には、所狭しと器やブリキの玩具など沢山の骨董品が並んでいます。こちらは主人公・安田龍一さん(66歳)と妻の照子さん(67歳)ご夫婦がそれぞれの趣味を生かして始めた、骨董品とパンのお店です。
高校卒業後に自動車販売店で整備士として働いていた龍一さん。ある日、社内のイベントで出会った照子さんに一目惚れし交際をスタート。当時はオイルショックの頃。龍一さんは安定を求めて警察官に転職し、翌年に照子さんと結婚。2人の子どもが生まれました。龍一さんが骨董に興味を持ち始めたのは40歳頃。骨董品を紹介するテレビ番組を見て、骨董市に出かけたところ、懐かしく歴史ある物たちの魅力にはまってしまいました。以来、小遣いで買い集め、気がつけばコレクションが家に入りきらないほどに!
一方の照子さんは、子育てが一段落し、趣味でパン作りを始めていました。これまで集めに集めた骨董品を何とかできないかと考えた龍一さんは、「骨董と手作りパンを売る店を始めよう」と決意。退職金をはたいて自宅の脇に店舗を構え、2012年に、まずは照子さんが骨董とパンの店「やすだ屋」をオープン。4年後に龍一さんも合流しました。
店の営業は木曜と土曜の週二日ですが、照子さんは酵母の世話など毎日のようにパンの仕込みに追われます。こだわりは北海道産の小麦と天然酵母を使うこと。「美味しい」「他の店のものはもう食べられない」とお客さんも絶賛です。
今や地域では“天然酵母パンのお店”として大人気の「やすだ屋」ですが、店内のほとんどを占めるのは、龍一さんの骨董品。大正や明治、江戸時代の器や道具、昭和レトロの懐かしい家電製品などがずらりと並んでいます。でも残念ながら骨董品の売り上げはほとんどなし!本来、骨董品を売るのが目的だった龍一さんは、エプロン姿でパンの袋詰めやレジ打ちなどに徹し、接客担当として照子さんを手伝っています。
骨董好きの夫と、パン作りが趣味の妻。そんな2人が生み出すユニークな空間とお店を愛する地元の方々との交流を紹介します。

10月13日(土) 18:00~18:30 (30分) テレビ朝日系

番組情報:人生の楽園「骨董楽しむ美味パン店~三重・菰野町」