これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 日付別アーカイブ: 2018年10月27日

ジンズ、増収増益

【増収増益】国内事業では郊外ロードサイドへの出店を加速。市場規模の大きいシニア層の獲得を進める。PC用眼鏡の需要も引き続き好調。海外では香・・・ 情報源: ジンズ、増収増益: 日本経済新聞

すごいぜ!ハズキルーペ、ヒットの仕掛け人

眼鏡の上から掛けられる拡大鏡「ハズキルーペ」など、家電量販店でのシニア受けヒットの仕掛け人集団がいる。社名はライフマスター(埼玉県富士見市)。平均年齢64歳、家電メーカーや量販店のOBら総勢約150人が集まる。やりがいを …

「70歳まで就業」実現へ議論 政府と経済界、条件闘争に

政府は未来投資会議(議長・安倍晋三首相)で、70歳まで働くことのできる環境を整えるための議論に着手した。人生100年時代を見据え、意欲のある高齢者が長く働けるようにする。65歳まで義務付けている「定年延長」などの雇用確保 …

40歳定年制に賛成

安倍晋三首相が「生涯現役社会」を掲げ、その目標に向けた政策の検討が始まった。長寿化で仕事への能力も意欲も高い高齢者が増えている以上、彼らが活躍できる社会をつくるのは当然だ。働いて制度を支える側の人数が増えれば、社会保障の …

高齢者、歌って元気に “交流カラオケ”開業

串間市の中心市街地にカラオケ店「わいわいカラオケ」がオープンした。市民でつくるまちづくり団体サード・プレイスが運営し、高齢者らが集う交流の場を目指す。代表の中川研児さん(76)は「訪れた人が気楽に過ごせる『第三の居場所』 …

カラオケ 介護・福祉に タカハシ、高齢者専用住宅に機材

カラオケ店チェーンで北海道内最大手のタカハシ(網走市)は高齢者の健康支援サービスを始めた。グループ会社が運営する高齢者専用の賃貸住宅に、リハビリに使えるカラオケ機材を設置。介護や福祉にカラオケを活用する方策を探る。人口減 …

チョイス@病気になったとき アンコール「ウォーキングのトラブル」

健康のためにウォーキングをしている人は多いが、無理な歩き方は意外なトラブルにつながることがある。足の外側に体重をかける歩き方をしていると、ひざ関節の内側の骨がこすれ、変形性ひざ関節症になりやすい。また、骨盤が大きく動く歩 …

人生の楽園「秋の恵み 夫婦の梨園~岐阜・美濃加茂市」

舞台は、岐阜県の南部に位置する美濃加茂市。古くから果樹栽培が盛んなこの地で、定年退職後、父が始めた梨農園を継いだ福田好朗さん(70歳)と千恵子さん(69歳)が主人公です。 梨農家の末っ子として生まれた好朗さん。高校卒業後 …

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.